専門学校でしか学べないこと

実習の環境がより実践的

将来の仕事に関連する内容を学ぶため、大学に行くか専門学校に行くか迷うかもしれません。それぞれ多くの学校があり、同じ学部や専攻でも学べる内容は異なります。偏差値だけで選ばないようにしないといけません。大学のいいところはより専門的な内容が学べるところでしょうが、どうしても机上の理論が多くなりそうです。一方、専門学校のいいところは実践の教育が多いところでしょう。自動車関連の学校であれば、実際に自動車を使って学べます。医療福祉関係の学校だと、実習用の救急車があったり、医療機関さながらの施設などで実習が行えます。大学にも一定の設備があるでしょうが、より新しくて実務に役立つのは専門学校の方かもしれません。卒業後にすぐに技術を生かして仕事ができます。

企業などとの連携がある

最近は産学連携が進んでいるので、大学と企業が共同で研究開発して製品作りが進められています。ただ、そもそもが個別に研究をしている機関なので、すべての大学で企業の研究さながらの内容が学べるわけではありません。専門学校の中には、企業との連携が強いところがあります。企業が設立した学校もありますし、企業が出資をしている会社等もあります。大学以上に産学連携を進めているので、より企業に近いところで学べるようになっています。いくら専門的な内容を学んでも、実際の職場とのギャップが大きいと技術や知識を生かせません。企業に近いところや実際に企業に行って学べる環境があると、学ぶ内容と仕事とのギャップが小さくなります。大学では学べない企業独自の技術なども学べます。

© Copyright Vocational Learning. All Rights Reserved.